【沖縄移住】失敗しない居住地の選び方とオススメ

物件

「沖縄に移住したいけどどこがいい?」

「仕事に便利なとこがいい」

「畑をやりながらのんびり暮らすならどこ?」

「移住してマリンレジャーを満喫したい!」

「観光客向けの商売がしたい!」

 

沖縄移住には、みなさんいろいろな目的があると思います。

暖かいところに家族で移住したい方、リタイヤして第二の人生を始めたい方、好きな趣味をしながら暮らしたい方、夢だったビジネスを沖縄で始めたい方等々…

そんな各々の目的を実現させるには「居住エリア」がとても重要になってきます。

東京で例えるとしたら、家族で暮らすなら学校や買い物に便利な郊外の住宅街、定年後に畑を耕して暮らすなら西東京方面の沿線沿いの病院やスーパーにも近い場所、海外旅行が趣味なら羽田や成田へのアクセスが良いエリア、海をこよなく愛する方なら伊豆七島や小笠原諸島(東京都です!)などなど…

沖縄本島は、小さいながらも縦に長く、空港があり交通網が豊富な那覇や、大自然に囲まれた北部やんばるエリアなど、場所が変われば自然環境も生活環境も極端に変わってくることは想像できるかと思います。

しかし、たとえば那覇市内であってもエリアによっては、交通の便、賃貸物件の数、家賃、その他いろいろと違いがあり、それぞれメリットデメリットがあります。何も知らないで移住すると、思わぬ不都合によって引越しを繰り返すといったことになりかねません。

ここでは、沖縄移住をしたい方に一般的に人気な場所の中から、目的別のオススメ居住エリアを、簡単ではありますがわかりやすく案内します。

コンテンツは順次追加していきますね。

あくまでも私個人の感想ではありますので、もしこれを見て別の意見をお持ちの方は、ぜひコメントやメッセージをお願いします!

 

車を持たずに暮らすなら「那覇市」が鉄板

車がない方や、とりあえず試しに住んでみるという方なら那覇市内がオススメ。

電車がなくバスも時間通りにはこない沖縄で、車無しの生活はかなりキビシイのが正直なところ。

運転免許もなく車も持っていない方は、なぜ那覇市がオススメなのかを説明しますね。

那覇市の特徴

ざっくりですが、那覇市はこんな感じです。

メリット

  • 都会
  • 交通便利
  • 空港が近い
  • なんでもある

デメリット

  • 車の渋滞すごい
  • 人が多すぎる
  • 家賃が高い
  • 道が狭い

しかし!那覇市内といってもエリアによってずいぶん環境が変わるので、上記イメージとは違った場所も当然あります。

例えば、人気観光スポット「国際通り」や歓楽街「松山」近辺など、賑やかな場所が好きな方なら便利だしおすすめできますが、住むとなると人が多くうるさかったり、家賃もとても高いです。いっぽう、大通りから少し中に入ると、昔ながらの沖縄の風景が広がる場所や公園、また閑静な住宅街もあり家賃もグッと下がります。

那覇市内なら「ゆいレール駅近く」が絶対おすすめ!

ちなみに、私の息子はゆいレール壺川駅すぐそばの泉崎というところのアパートに住んでいましたが、公園が目の前でとても静か、県庁や国際通りまでも徒歩圏内と、とても良い環境でした。

ゆいレール駅近くがなぜオススメ?

  • 那覇空港まですぐ
  • バスターミナルまですぐ
  • タクシーすぐ乗れる
  • スーパーや飲食店が多い
  • 病院まですぐ

ゆいレール駅近くなら「どこへ行くのも便利」「生活に困らない」といった点がオススメする理由です。

ただ、ゆいレールの沿線は、古くからあった場所に建設されたエリアと、新しく開発されたエリアとがあり、場所によっては道が狭くごちゃごちゃしてるところもあれば、道が整備され建物や住居物件が新しいところもあります。

 

那覇市内で車無し生活をするならココ

あくまで私の意見ではありますが、車を持たない方が沖縄へ移住するなら、那覇市内の以下のエリアがおすすめです。

ゆいレール駅「赤嶺」「小禄」北側エリア

このエリアの良い点は、空港が至近距離で、学校やスーパーが多く、道が整備されていて、アパートなど賃貸物件が新しいところです。

またレンタカー業者が集中してある場所なので、車を借りて出かけるにもとても便利です。

住所は那覇市「赤嶺」「金城」「田原」となります。

 

空港とビーチがすぐ!渋滞を避けるなら「豊見城市」

空港や高速道利用の多い方なら、バイパスやICが近く空港まですぐの豊見城市がオススメ。

那覇から浦添~宜野湾方面の国道58号沿いはどうしても渋滞の問題がありますが、豊見城方面は交通量もさほどではなく道も広いため、「那覇や空港に近いとこがいいけど渋滞はイヤ」という方におすすめです。

 

空港からはバイパス利用でスイスイ来れて、高速道路入り口(豊見城名嘉地IC)まで近いので、車で名護方面などへ行くのにもとても早くて便利です。

高速料金が安い(豊見城名嘉地~南風原北は無料)沖縄の恩恵をいちばん生かすことができるのも、豊見城市ならではの有利な点です。

豊見城市なら「豊崎エリア」が移住者にオススメ

豊見城市も、ゆいレール沿線の下側(南)は道も細くてカーブも多いのですが、豊崎の辺りは新しく埋め立て整備されたエリアなので、道がとても広く分かりやすく、賃貸物件も新しい割には家賃も手ごろでおすすめできます。新しくキレイな一軒家の賃貸物件も見つけることができます。

那覇空港~豊見城・アウトレットモール間はシャトルバスあり!

帰郷することが多い移住者にとって、那覇空港までのアクセスが良いという点はとても便利なポイント。

豊見城市の豊崎エリアであれば、「アウトレットモールあしびなー」と那覇空港の間は、便利で安い直行シャトルバスが運行しています。

【乗降場所】

  • 那覇空港1F(到着口B前)4番バス停
  • 沖縄アウトレットモールあしびなーバス停

 

タイムテーブルは、空港発10時~16時・あしびなー発10時30分~16時30分、ちょうど1時間ごとに運行してるのでわかりやすく、余程の渋滞がない限りは遅れることも少ないです。

運賃は片道大人250円・子供140円です。

エリア都市名
北海道・東北札幌、仙台
関東・中部・近畿東京(羽田、成田)、茨城、新潟、小松、静岡、名古屋、大阪(関西、伊丹)、神戸
中国・四国・九州岩国、沖永良部、広島、岡山、松山、高松、福岡、北九州、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、奄美、与論
沖縄石垣、宮古、久米島、北大東、南大東、与那国

 

【豊見城市商工観光課・PRイメージ動画】

海外リゾートの様に暮らすなら「北谷町」

北谷町は、海外のリゾートにいるように暮らせる、沖縄の他の場所にはない特別な場所です。

【北谷観光動画チャンネル「北谷日常」より】

北谷町の魅力は、なんといっても「リゾートにいる様に暮らせる」という点。もともと地元に暮らす人にとっては当たり前のような光景かもしれませんが、外国人が多くまるで外国にいるような雰囲気は、移住する人にとってとても魅力的で、他にはない北谷ならではの特徴です。

北谷町は米軍基地内の人を含めとても人口が多く、観光やビジネスで外部から訪れる人も多いため、仕事もいろいろ選べるのが利点といえます。

とくに海岸に近いエリア(ハンビー・美浜・砂辺)は、カフェやBARなど飲食店、美容室やネイルサロン・ゲストハウスや民泊などが多く、そういったビジネスを目的に移住する人がとても多いです。私もその一人です。

私の住む砂辺エリアの宮城海岸は、マリンスポーツのメッカでもあります。海が穏やかな日はダイビング、波が上がるとサーフィンといった、海遊びが好きなダイバーとサーファーが集まってくるのも、ここならではの風景です。

北谷町の私が運営するダイビングショップ>>

北谷町の家賃は高い!?

「北谷は好きだけど家賃高いから…」という声よく聞きます。しかし北谷町もそのエリアにより、特徴や雰囲気、また家賃相場も変わってきます。とくに人気の美浜地区と砂辺地区は、他よりも家賃が高いのは事実です。外人専用マンションなどは、1ヶ月数十万円という物件も数多くありますよ!それ以外の場所は沖縄の他の場所と変わりはありません。

私は、砂辺地区のマンションに住んでいますが、4階の2LDKで駐車場2台分付きで59000円です。東京都内などと比べたら、とても安い気がします。

北谷町がオススメなのはこんな人

北谷町は「東京でいうなら渋谷!」という人もいるほど、沢山の人が集まってきて、新しくお洒落な施設やお店が多く、地元の人や外国人そして移住者が暮らす、一種独特なエリアです。

北谷町に住むのが合ってる人は以下のような方です。

  • アクティブなライフスタイルを望む方
  • お洒落な雰囲気が好きな方
  • マリンスポーツが好きな方
  • お店など商売をしたい方

人口が増え続けている北谷町、移住先の候補地として人気は常に上位です!

 

読谷村

自然が好き、のんびりしたライフスタイルが好き、という方なら間違いなく読谷村がオススメ。

「人口日本一の村」そして「人口増加率日本第2位の村」読谷村(よみたんそん)は、大きな港や人工的な建物が少ない海岸線と、そこからなだらかに続く斜面に、広大なサトウキビ畑や花畑が広がっています。

とても明るい読谷村

丘陵地から海を見渡す読谷村は、朝日から夕陽までずっと海越しに眺めることができ、明るく爽やかなイメージがするのは私だけじゃないはず。

ザワワ~♪で有名な曲「サトウキビ畑」が生れたのもここ読谷村で、歌碑もあります。いまは明るい農村的な読谷村も、戦時中の悲しい過去があってのものなんだなって、この唄を聴くとしみじみ感じます。

【読谷村:サトウキビ畑の歌碑】

サトウキビ畑の間の道からその先に碧い海が見渡せるような原風景も、ここ読谷村にはあちこちに見つけることができます。THE沖縄の自然って感じですね~

アーティストが多い読谷村

自然が豊かで、ピースフルで柔らかい空気が漂う読谷村は、そこで生まれ育ったり、移住してそこに身を置く人たちは、なぜか感性が豊かな方が多いような気がします。

読谷村には、沖縄の焼き物発祥の地「やちむんの里」があり、太古から物をクリエイトする文化があることも何か由来があるのかもしれません。

私の知人のミュージシャンやタトゥーアーティストも読谷人が多く、外人住宅を改装したカフェやサロンなども、自然を上手に取り入れたアートな感じのところが多いです。

読谷村のデメリットは人によって大きなメリット!

読谷村に住むとなると、以下のデメリットが考えらえます。

  • 高速道が遠くアクセスが悪い
  • スーパーやコンビニが少ない
  • 宿泊施設が高級ホテルかゲストハウスと両極端

しかし、あえて読谷に移住する人は、人や車の往来が少なく、のんびりしてるのを良しと感じる方が殆ど。やはり「自然と共に暮らす」ということは、どんなものにも代えがたい魅力があるのでしょう。

読谷村への移住をお勧めする方

自然豊かで平和な読谷村なら、以下のような方なら間違いなくお勧めできます。

  • 沖縄ならではの風景に包まれたい方
  • 渋滞や人混みが嫌いな方
  • の~んびりと暮らしたい方

また、職場は近隣の北谷町や嘉手納町・恩納村あたりであれば、通勤に不自由もなく、沖縄ライフを満喫できるかと思います。

 

名護市

リタイヤしてどっぷり沖縄ライフを満喫したいなら名護市がオススメ。

沖縄最北の市街地がある名護市は、原生林広がるヤンバルの南限であり、文明の北限でもある、移住者が快適に暮らすことができるいちばん遠い場所です。

名護市は、本部(もとぶ)半島の北と南側、そして基地建設問題のある太平洋側とで、3方向の海に面していて、山間部の半分以上はヤンバルの森となっています。

那覇からは沖縄自動車道を使えば1時間程と、那覇近郊だと渋滞にハマること考えれば、時間的な遠さはそれほど感じません。高速道の終点の許田IC付近の朝夕の渋滞も、現在道路延長工事が進められていて、近い将来は緩和されますよ。

そして約6万人いる人口の大半は市街地に集まっているので、スーパーも多く買い物に便利、また病院も多いので何かあったときにとても安心です。賃貸や分譲の価格も安いのも大きな魅力。

名護市は冬過ごしやすい

沖縄の12~2月は、夏日になるときもあれば北風ピューピューでかなり寒くなることもあります。

名護市の本部半島の南側のエリア(市街地近辺)は、北から吹き付ける冬の季節風の風影となり、多少気温は下がっても風に吹きさらされる寒さは少なく、南に面しているので日照も多いのでとても暖かく感じますよ。

名護市(市街地)の暮らしが合っている方

自然が豊かで施設が整っている名護市の市街地は、

リタイヤしてのんびり安心して暮らしたいシニアの方なら、イメージと現実がマッチしていてお勧めできます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました