【沖縄ダイビングログ】3/20

ダイビング

ダイバーの皆様

春爛漫たけなわ(竹縄?酣?闌?)ですね!

 

沖縄も本日は光あふれる眩いほどのお天気に恵まれました✨

・・・

・・・てか、

これを見ていただいてるあなたに感謝します!

・・・

このダイビングログ、

このブログ立ち上げて初の記事なんですよ!

 

見てくれてホントありがとーございます^^

始めたばかりですが、

ダイビングや海のこと、また沖縄の絶景やおもしろいこと、

地道にアップしていきますので、

よかったらちょこちょこ見に来てくださいね!

 

それでは今日のダイビングの様子です~

【コンディション】
北・北東風弱
晴れ
気温23度
水温22~23度
透視度15~30m

 

今日沖縄でいちばん穏やかな南部エリアへ

前線が抜け、昨日の強い南風から本日はゆる~い北・北東の風となり、

潜水地は、沖縄本島南部・糸満へ。

朝早くはどんよりでしたが、次第に雲が取れボート出向のころは眩しいほどの太陽が照り始めました~最高!

海面も超がつくほど穏やかで面ツル~

あちこちにウミガメが顔を出す海を眺めながら、滑るようにボートは進みます・・・

 

1本目は沖縄随一の地形パラダイス「喜屋武岬灯台下」へ

沖縄南部、しかも沖縄本島の最南端に位置する喜屋武(きゃん)岬。

戦時中の悲しい歴史もありますが、

いまはちゃんと供養され整地されたその場所は、

灯台が建ち海の安全を見守る大切な役割もする、

そして隠れた絶景ポイントとしてもじわじわ知られてきた風光明媚な場所。

断崖絶壁となっているその真下の潜水地「喜屋武岬灯台下ポイント」は、

ドロップオフ沿いにトンネルやクレバスなど入り組んだ地形が見どころで、

そこに降り注ぐ光のシャワーはとても神々しく

まさに「光の迷宮」と呼んでもピッタリな場所でした!

 

【※カメラハウジング若干水没にてポートが曇って画像かすんでます。スミマセン・・・】

潜行後はダイブ終了までずっとこんな水中洞窟三昧!

 

透視度も最高で、鏡のように穏やかな水面からは光のシャワーが降りてきます✨

 

2本目はお魚の楽園ポイント「名城」へ

昼近くなると気温もグッと上がり、半袖でも汗ばむ陽気に~暑っつ!

ほぼ夏の太陽の下向った二本目は、白砂の海底にお城のように佇むサンゴの根がある名城(なしろ)ポイントへ。

鏡のようにキラキラする水面にエントリーすると

「あ~~~キレイ!!」

水深20mに広がるの真っ白な海底と、

直径30mほどのお椀を伏せたような形のサンゴの根がクッキリ見渡せます!

透視度は30m以上あります✨

サンゴの根には、スズメダイやハナダイなどカラフルな群れが花吹雪のように舞い、サンゴのお花畑にはカラフルなウミウシやニモ。ちょっとしたケイヴにはキンメモドキがぐちゃ~っと群れ、それを狙うミノカサゴやハタ、またカイワリなど回遊魚もウロウロ~そして砂地にはガーデンイールがにょきにょき^^ ここホントお魚たちの楽園です!

水も透明で水面からは光が降り注ぎ、

水底にいても自分の影がクッキリ映るほど明るい水中で、

まるで琉球ガラスの中にいるような水中世界をの~んびり楽しむことができました!

サイコーに気持ちいいダイビングでした!

 

 

コメント

  1. かんの より:

    行きたくなりますねー

  2. まっきー まっきー より:

    またぜひ!^^

タイトルとURLをコピーしました