【沖縄ダイビングLOG】3/26 知名埼

ダイビング

本日の沖縄も南風でほぼ夏!!

以前より気になっていた場所、知念半島の突端・知名崎へ、最近よくつるんでる「沖縄ダイビングライセンス フリースタイル」オーナーイントラ・GON氏と共にポイントチェックへ行ってきました。

【コンディション】
おおむね晴れ
南風
気温27度
水温22-23度
透視度8~10m
流れ無し

沖縄でいちばん神聖なエリアは水中世界も神秘的!

すぐ近くに沖縄でいちばん神聖な場所・斎場御嶽(せーふぁうたき)、そして目の前の沖合には神の島・久高島を望む、とても神秘的な空気に包まれる不思議な場所。

そして、半島突端にあるこの場所・テダ御川(てぃだうっかー)は、最近「沖縄のウユニ塩湖」とも呼ばれ、風のない日にラグーン内の水面に映りこむ世界は、まるで天と海が繋がってるこの世のものとは思えない光景を目にすることができます。

※この日は風があり水面は鏡になりませんでした。。。

 

水中は摩訶不思議な迷宮~地形ワールド!

エントリーするとのっけから洞窟の入口!

斎場御嶽もそうだけどこの辺りは洞窟が多く、水中もサンゴの根が複雑に入り組んだ迷宮のような洞窟が広がってます。

地理的には大きな内湾性の海ですが、沖に張り出した岩にはイソバナが多くついていて、場合によってはかなり流れの当たるポイントであること想像されます。

キッカサンゴ類もあり生物層も豊富そうです。

岸から離れたこの場所は釣り人も来ることができないので、大型のハマフエフキやイラブチャーも多いような気がします。

 

この神聖な場所で、いままであまり知られずにいた海の中が、こんなに神秘的で興味深い水中世界だったなんて・・・やっぱ沖縄の水中世界はサイコーですね!

このポイントは、沖に浮かぶ神の島・久高島のダイビングと合わせて、皆さんに紹介していこうと思います^^

 

 

沖縄北谷の少人数制ダイビングショップ・SimplyBlue(シンプリーブルー)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました