【沖縄離島】新型コロナに関する渡島自粛・規制まとめ(情報更新中)

ダイビング

ノンビリとした島時間が流れ、島のオジイやオバアとゆんたくしながら、手付かずの海と自然を心の底から味わうことのできる「沖縄の離島」、

ダイバーであれば一度は訪れたことあるかもしれませんね!またこれから行ってみたいと思ってる方もとても多いと思います。

そこへきての今回の新型コロナ。

GWなど行く予定がパーになってがっかりする方、とても多いですよね・・・

そしてそれは、島にとって経済的にももちろん大きな打撃ですが、

島ではもっと大切な人々の「命」のことをとても心配しています。

ダイビングに人気の小さな島など、そこに住む人はダイビングや宿泊に携わるスタッフと、それ以外は漁業や農業でひっそり暮らす高齢者、といったところもあります。

今回の新型コロナは、医療施設も充分でない沖縄の離島にとっては、とても脅威なこと。

さすがに、緊急事態宣言がでている現時点(2020年4月10日)は、沖縄へ来る方も少なく、離島へまで足を延ばす人はいないかと思いますが、

仮に、今後緊急事態が解除されたとしたら、すぐにでも離島へ行きたくなる方もいるかもしれませんが、

離島においては、自粛要請が解除されるまでタイムラグがあることが予想されますので、十分注意をしておきたいものです。

ここでは、沖縄の各離島が現在公式に発表している「渡島自粛要請」を、島別にまとめてみました。
公式発表の中には、事務的ではなく、村長さん町長さんの心を込めたメッセージもあるので緊迫感とても感じますね。
またリアルタイムで情報を確認できるリンクも載せましたので、詳しく知りたい方はそちらで確認することができますよ。
はやくコロナが収束して、また沖縄の離島で皆笑顔でダイビングができるようになること祈りましょうね!

 

それぞれの離島が発表した自粛要項

以下に各離島の公式サイトに発表された渡島自粛の案内を案内します。

今後、要請事項の追加や変更なども予想されます。詳細は各島公式サイトのリンクから確認してください。

 

伊平屋島

新型コロナウィルスが世界、国内で感染拡大が続いております。沖縄県内においても、7日現在で34名と最初の感染者発生後、時間の経過とともに感染者が増加傾向にあり、特に感染経路不明者が21名と市中感染が疑われる状況にまでなっております。
伊平屋村内は、今のところ感染者は出ていませんが、観光客や帰省者及び学校閉鎖により、親元へ帰ることを余儀なくされている学生等、その方々が感染し自覚症状のないまま島へ入ることが想定される事態となっております。
そのことを踏まえ、島へウィルスを持ち込ませないことが、最大最善の対策と考え、当面、5月8日まで観光客の皆様や帰省者の皆様に、伊平屋村への来村を自粛してくださいますよう要請致します。
今後については、県内の状況をみて対応を判断して参ります。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

自粛をお願いする理由
1.本村は高齢化率29.1%と高齢者が多く、高齢者福祉施設もあり感染した場合、重症化リスクが高い。
2.村内の病院は、診療所1カ所で、医師1名、看護師1名である。村内でPCR検査等ができない。また感染に対応できる機器や施設もなく、コロナウィルス感染に対応できる環境・体制ではない。よって、住民、来村者の健康及び生命の保証が十分にできない事態が想定される。
3.感染者が発生し重症化した場合、急患搬送の対応手段が限られており十分な対応ができない。
4.伊平屋村と沖縄本島間の交通機関は海路のみであり、そのフェリー船員が感染した場合、運航ができない状況が想定される。その場合、物資の航送停止などが長期化し、村民生活に重大な支障が発生することが想定される。

【公式サイト】伊平屋村HP

 

伊是名島

新型コロナウイルスについては、感染経路が確認できないという事態が増加傾向にあり、県内においては、南部から中部へと感染者が拡大し、北部地区、離島である我が村にとっても不安は耐えません。

小さな離島村でもあり、1診療所で、医師1名看護師1名体制で運営しており、島内で新型コロナウイルスが発症し感染者が広がった場合、輸送手段は、フェリーもしくはへり搬送になり、医療体制にも限界が生じ医療崩壊につながる可能性が大きく大変危惧しております。

村民の健康と生命を守るためにも、国による緊急事態宣言を重く受け止め当面の間 (5月6日)、伊是名村への来島について自粛要請致しますので、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

【公式サイト】伊是名村HP

 

伊江島

県外・村外からの不要不急なご来村はお控えください
「第25回伊江島ゆり祭り」は開催中止となりました
団体ツアーによるご来村はお断りさせていただきます
例年実施している「伊江港~リリーフィールド公園」間のシャトルバスは運行しません。
ゴールデンウイーク期間中のフェリー運航は、以下の通りです。
・フェリー運航は1日4便(通常運航・増便なし)
・大幅な乗船定員制限を実施
・4月15日から本部港での検温を実施(帰島する村民も対象)
・検温結果で発熱がある方は、乗船を控えさせていただきます。

ご来村予定の皆様におかれましては、大変申し訳ございませんが、本村の事情をご理解いただき、自粛ならびに来村機会の延期をご検討いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

本村を愛する全ての方と協力し、未曽有の事態を共に乗り越えることが目下の課題と捉え、一刻も早く事態が収束し、再びご来村いただける日が来ることを心より祈念申し上げます。

【公式サイト】伊江村HP

 

粟国島

粟国村には、診療所が1カ所しかなく、医師看護師が各 1 名体制で診療しているため、医療体制には限りがあります。
また離島であるため搬送体制についても限りがあります。
人々の往来により、新型コロナウイルスが持ち込まれる可能性が高くなることから、新型コロナウイルス感染症対策強
化のため、当面の間(5月6日まで)、村民並びに来島者の皆様には不要不急の粟国那覇間の往来自粛を要請します。
やむを得ず島外へ出て帰島する住民の皆様、来島者の皆様につきましては、
船内及び村内では、感染防止対策を徹底いただき、約 2 週間程度は不要不急の外出を控えていただきますようお願いいたします。

【公式サイト】粟国村HP

 

久米島

本町では、現在のところ新型コロナウイルスは発症していませんが、県内での発症の推移から、島外からの移入による発症が危惧されます。
しかしながら本町には、罹患した患者を安全に隔離できる病床が1床しかなく、また、重症化した感染者に対する十分な医療体制がありません。一人でも患者が発症すると通常の医療も提供できなくなり、住民はもとより来島者の皆様の健康・生命の安全が保証できなくなります。
どうか久米島の実情をご理解いただき旅行等の自粛、延期をしていただきますようお願いいたします。新型コロナウイルス感染症が終息し、気兼ねなく旅行等ができるようになった際には、町民挙げて歓迎いたします。本町としても、一日も早い終息に向け取り組んでまいります。
緊急事態宣言の発令期間中は、全国の皆様に次のことを強くお願いいたします。

島外からの久米島町への旅行等については、極力自粛又は延期してください。
久米島町出身者又は関係者の皆様の帰省については、極力自粛又は延期してください。
やむを得ず久米島町に来島した方については、滞在先で自己隔離し、外出を控えてください。(長期滞在の方については14日間)

【公式サイト】久米島町HP

 

渡名喜島

新型コロナウイルス感染症が世界的に流行している状況で、小規模離島である本村に新型コロナウイルスが持ち込まれた場合、
対応施設や設備ももなく十分な医療提供をすることが厳しく、また、沖縄本島との生活航路も一日に上り便・下り便の片便の船舶航路しかないため、搬送体制も十分に機能しない恐れがあります。
新型コロナウイルス感染症が移入された場合、村民に大きな被害をもたらし、村民の健康・安全な生活が完全に崩壊する可能性があります。
渡名喜島に来島予定の皆様には今の状況をご理解いただき来島を自粛してくださるよう強く要望いたします。

【公式サイト】渡名喜村HP

 

津堅島

※現在渡島自粛要請の発表なし

【公式サイト】うるま市HP(新型コロナに関するお知らせ)

 

久高島

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、久高島への入島自粛をお願いします。期間は下記の通りと致しますが、状況によって変更する可能性がございます。変更の際は久高島公式サイト「久高のシマ時間」でお知らせしますのでそちらをご確認ください。
尚このお願いは入島を規制するものではございませんが、島には高齢者が多く医療体制が脆弱であるため、感染が確認されれば、島の存続にかかわる非常事態になりかねません。皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

自粛要請期間:4月8日(水)~4月30日(木)

【公式サイト】久高島観光交流サイト 南城市HP

 

渡嘉敷島

渡嘉敷島と島人を愛する皆様へ・・・

世界中で、また国内、県内においても新型コロナウィルスの感染が拡大しております。
住民の生命を守るため、当分の間、渡嘉敷島への渡航について、再検討してくださいますようお願いいたします。

村民の皆様へ

新型コロナウィルス感染から、村民の生命を守るため、島外からの渡航を再検討するよう促すよびかけを行っております。
世界中で、そして国内、県内においても感染が拡大しており、国難を乗り越える為、村民の皆様におかれましても、渡航を控えてくださいますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

【公式サイト】渡嘉敷村HP

 

座間味村(座間味島・阿嘉島・慶留間島)

・入域制限について
高速船及びフェリーについて、泊港乗泉寺に検温の協力依頼。国や県の動向や感染者状況を見極めて随時対応を図ります。
また、国の緊急事態宣言発時には、観光客皆様へ渡航の自粛についてお願いして参ります。
※政府の緊急事態宣言発出や県内感染者状況に応じ随時内容変更いたします。

【公式サイト】座間味村HP

 

北大東島

この小さな北大東島でも、感染症に対して島民の命を守る備えが必要な状況にあり、島内2カ所の宿泊施設では、4月いっいぱいを目処に、当面の観光を目的としたご宿泊の予約受付をご遠慮させていただくことになりました。
村民約600人の健康と命は、村内唯一の診療所で医師1名、看護師1名のお二人により日々支えられており、残念ながらCOVID-19に対処できる病床や設備がありません。
もし、患者が発生した場合、沖縄本島へ搬送も容易ではありません。島内での感染は、小規模離島ならではの更なるリスクが覆いかぶさることになります。
誠に心苦しいお願いではありますが、この感染症が沈静化するまでの間、ご理解ご協力をいただき、島へのご来訪について、お控えいただけますよう、よろしくお願い致します。
また、やむなくご来島なさる皆様にも、ご自身の健康管理や感染予防、拡大を未然に防ぐ対策などへのご協力をお願い致します。
きっと、島の若夏、盛夏を、みんな元気で迎えることができる日が来ることを信じております。

【公式サイト】北大東島観光ナビ 北大東村HP

 

南大東島

国内外で新型コルナウイルス感染症が拡大する中、南大東村においても観光来島者等による感染発生への懸念が広がっております。平時であれば観光来島者は大歓迎でありますが、今は国難とも言える有事と思考するところです。
本村は遠隔離島であり島の医療資源が限られ、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査も実施できない現状下、観光客等を通じて感染が広がった場合には医療崩壊等(重篤患者の救急搬送等崩壊)にもつながる可能性があり、 危機感を持っています。
つきましては、村民の健康と生命の安全のため、皆様のご協力をお願い申し上げます。

【公式サイト】南大東村HP

 

宮古島市(宮古島・伊良部島・下地島・池間島・来間島・大神島)

宮古島にも、観光客を始め、多くの人々が来島しています。宮古島市では、現在のところ新型コロナウイルスは発症していません。
しかしながら、県内での発症の推移から、本市で発症しないという
保証はありません。
どうか島の実状をご理解、ご協力いただきたいと思います。新型コロナウイルス感染症が終息し、気兼ねなく旅行等ができるようになった際には、島を挙げて大歓迎いたします。市としても、一日も早い終息に向け取り組んでいます。
よって、市民の健康を守るため、次のことを全国の皆様に強く求めます。どうかよろしくお願いします。

・島外からの宮古島への旅行等については、極力自粛又は延期して
ください。
・宮古島市ご出身の方、又は縁故者で感染が発生している地域に在
住している方の帰省は、自粛又は延期してください。
・この措置は、緊急事態宣言の発令期間とします。

【公式サイト】宮古島市HP

 

多良間村(多良間島・水納島)

村民の皆様
島外にお住まいの島出身者の皆様へ緊急のお願いでございます。
新型コロナウイルスが世界・国内・県内の感染が拡大し続けております。
離島の本村といえども、いつ感染が発生しても、不思議ではない状況になっています。
高齢化率が高い本村においては、重症化するリスクが高く、
医師一人、看護師一人の医療体制であります。さらに、医療用物品も限られています。
そのようなことから、島内へウイルスを持ち込ませないことが、最大最善の対応であります。

そのために、当面、ゴールデンウイーク5月6日まで次のとおり、ご協力をお願いいたします。

(1) 村民の皆様には、不要不急の島外への旅行の自粛をお願い致します。
(2) 学生や就職など、外で生活している皆様の来島自粛をお願いします。
高校・専門学校・大学などの休校に伴い、どうしても帰省しなければならない場合は「毎日2回の検温と咳・鼻水・のどの痛みのチェックと記録」「友人や島内の人と交流しない」「家族とも一緒の行動
をしない」などを守って下さい。
(3) 島外にお住まいの身内の方々を、避難のため、あるいは休暇などで島に呼び戻さないで下さい。
(4) 村民の皆様や帰省する皆様が感染していた場合、家族、高齢の方々、地域の皆様に感染させてしまう恐れがあります。大切な人の命、自分自身の健康と命、村民の健康と命を守るため賢明な判断をしていただきますよう切にお願い申し上げます。

【公式サイト】多良間村HP

 

石垣島

市長として懸念することは緊急事態宣言下での制限の掛かった地域での自粛生活を避けるために、本市を含む八
重山諸島での避難生活を求め、多くの方が旅行・移動してくることにより、新型コロナウイルスに感染している
方が本地域にウイルスを持ち込むことであります。
本市には感染病床が3床しかなく新型コロナウイルス感染症に対する医療体制が整っているとは言えず、住民及
び観光客の皆様の健康・生命について十分に保証できない状況であります。
従って、緊急事態宣言発令期間中は本市への旅行は厳に慎んでいただくようお願いいたします。
以前より石垣島そして八重山の島々を愛していただいている皆様にこの様なお願いをすることは、大変心苦しく
申し訳ない気持ちでいっぱいですが、現下の状況ではご来島いただいても十分なおもてなしも出来ずご迷惑をお
かけする事にもなります。
どうか島の事情をご理解いただき旅行の自粛、延期をしていただきますよう重ねてお願いいたします。新型コロ
ナウイルス感染症が終息し、気兼ねなく旅行が出来るような状況になりましたら、どうかまた石垣島と八重山の
島々にお越し下さい。私どもも島を挙げて大歓迎と大サービスで皆様をお迎えいたします。一日も早い終息を心
より祈っています。
島出身者の皆様、この度の新型コロナウイルスは非常に感染力が強くいつ誰が感染してもおかしくない状況にな
っています。学生や就職など島外で生活している皆様も既に知らずに感染している可能性もあります。緊急事態
宣言下では現在お住まいの地域で自宅待機生活をするほうが安全と考えられますし、また地元の石垣島・八重山
に戻ってきて発症した場合、医療体制を勘案しても石垣島・八重山の実家に戻る等の対応は適切ではないと考え
ます。
さらに皆さん自身が感染者であった場合、実家の両親、家族、高齢の祖父母に感染させてしまう恐れもあります。
大切な人の命、自分自身の命を守るために賢明な判断をしていただき、帰省することのない様、切にお願い申し
上げます。
なお、無症状の感染者からの感染の恐れもあることから、旅行者・帰省者の皆様につきましては、ホテルや自宅
等での来島から 14 日間の自己隔離を強くお願い申し上げます。

【公式サイト】石垣市HP

 

竹富町(竹富島・小浜島・黒島・西表島・鳩間島・波照間島・新城島・嘉弥真島)

現在、国内外において猛威を振るう新型コロナウイルス感染症については、八重山圏域における発症者は確認されていないものの、沖縄本島では感染者が発生するなど、今後、八重山圏域、竹富町においても入域者によって感染者が発生する可能性が危惧されており、予断を許さない状況であります。
また、竹富町では診療体制が限られており、町内で発症者の確認、感染症が流行した場合には、十分な医療提供が期待できず搬送体制にも限界があることから甚大な被害をもたらす可能性があります。
国の「緊急事態宣言」発令中は、竹富町内への旅行等は厳に謹んでいただきますようお願い申し上げます。

町内の診療体制は限られており、医療従事者を感染から守るためだけでなく、診療所の安全も保証し、住民が一体となって島を新型コロナウイルス感染から守っていかなければなりません。
そのため「できる限り島にウイルスを持ち込まないこと」「島で感染症が発生したときは拡大させないこと」を
目標に掲げ取り組んでおります。

【公式サイト】竹富町HP

 

与那国島

現在、世界中で新型コロナウイルス感染症が拡大し猛威をふるい犠牲者が多数出ていることは大変残念で悲しい事であり一日も早い終息を願うものであります。
与那国町においては4月8日現在、感染者は確認されておりませんが国内の感染者増加のスピードを見るといつ島内で感染者が出ても不思議ではない状況にあります。
全国各地で新型コロナウイルスの影響で観光客が減少する中、与那国島を訪れて頂くことは平時であれば大変ありがたいことであり歓迎するものですが、今は安倍首相も言われている“国難”ともいえる状況であると考えています。
さらに八重山地域全体においては感染病床が県立八重山病院に3床しかなく二次感染等が発生し複数の患者が出た場合、患者の搬送、治療に支障をきたす恐れがあります。
現時点で皆様の来島を制限するものではありませんが、島⺠の生命の安全に不安があるこの様な状況をご理解いただき発熱や咳の症状のある方、また体調の優れない方につきましては来島を自粛していただきますようお願い申し上げます。
また、到着後にマスクを外し行動される皆様が見受けられますので、マスク着用、手洗い・うがい、消毒の励行を強くお願いいたします。
島⺠の生活と健康を守りながら観光客の皆様にも安⼼していただけるよう節度を持った行動をよろしくお願いいたします。

【公式サイト】与那国町HP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました